アマモ場の保全、回復に努力しましょう。

 

*明石市・江井ヶ島海岸での地曳網による生物調査

325()、春季調査を行いました。寒気のはざ間で暖かく、快晴で風、波もなく、絶好の地曳網日和でした。学校も春休みに入っており、海岸には家族連れで遊びに来られた方も多く、地曳網への協力、応援の呼びかけに快く応じて頂けました。ありがとうございました。

自生アマモ場での地曳網

網にはアオサが大量に入り満杯状態で、生き物の選り分け作業は大変でしたが、子ども達が頑張ってくれました。

そして、神戸市立須磨海浜水族園の吉田園長さんから、アマモ場の大切さと選り分けた生き物について説明して頂きました。

  

選り分けた生き物は水槽に                    この前にはアマモがいっぱい生えています

いつも網に入ったアオサの処分に困っていましたが、海岸で海藻草類を採取されておられる方に引き取ってもらいました。有機肥料として家庭菜園に用いるとのことでした。

さて、次回の夏季調査ですが、アマモ種子採取と合わせ下記のように行います。

       日    時:平成306月10() 13:0015:00

       集合場所:江井ヶ島海水浴場前の階段護岸

          ※詳細はチラシ参照

みなさん、また来て下さいね!

 

*アマモ種子採取

明石市江井ヶ島海岸と赤穂市唐船海岸で、アマモ種子採取を以下の日程で行います。

みなさん、応援に来て下さいね!

・明石市江井ヶ島海岸

    時:平成306月10() 15:0016:30

集合場所:江井ヶ島海水浴場前の階段護岸

江井ヶ島海岸でのアマモ種子採取

・赤穂市唐船海岸

    時:平成306月11() 13:0015:00

集合場所:赤穂海浜公園「海の門」前

集合場所「海の門」

唐船海岸でのアマモ種子採取

 

*全国アマモサミット2018 in 阪南

阪南市農林水産課の呼びかけで、「全国アマモサミット2018 in 阪南」の実行委員会設立準備会議が222日に開催され、設立発起人に水野市長、事務局を農林水産課に置くことが決まりました。その際に阪南市農林水産課が作成したプロモーション資料(案)を入手しましたので一度開いてみて下さい。

そして、実行委員会設立趣意書(参加のお願い)も示され、下記日程で実行委員会設立総会と第1回実行委員会が行われます。当NPOも実行委員会の一員として参画します。

    時:平成3059() 14:30

場   所:阪南市商工会館 3階会議室

 

*その他

あいおいニッセイ同和損害保険鰍ゥらの寄附

あいおいニッセイ同和損害保険が、平成23年度よりWEB約款への切り替えに際して節減した費用を環境保全活動団体に還元されています。その対象団体の一つに当NPOも選ばれ、今年度は312,950円のご寄付を頂きました。

頂いた寄付金は当NPOが行っている公益事業に、有効に活用させて頂いています。ここに、感謝申し上げます。

 

 

特定非営利活動法人アマモ種子バンク

連絡先(事務所): 〒663-8142 兵庫県西宮市鳴尾浜1丁目1番8号

電話/FAX0798-42-3884

E-mailamamojimukyoku@amamobank.sakura.ne.jp

 

当事務所へのアクセスはこちら

 

最終更新日: 平成30423