アマモ場再生による生態系の回復過程調査

国土交通省は平成25,26年度の2ヵ年で、加古川河口部の浚渫土砂25万㎥の処分地として明石市・魚住沖合の海域を選び、浮泥が堆積している海底(水深-7.5m-6.5m)に覆砂し、面積450m×450m、天端高-5.0mの浅場を造成した。

そして、魚住沖合海域に共同漁業権を持つ江井ヶ島、林崎、明石浦の3漁協で構成する3漁協連絡会は、漁場整備として“海のゆりかご”といわれるアマモ場を新たに造成された浅場上に再生することが出来るかどうかを検討するため、造成された浅場に自生アマモ株の移植およびアマモ播種シート敷設による播種を行なった。

そこで、浅場上でのアマモ場再生事業が継続して行われるとして、新たに造成されたアマモ場と魚住に隣接した江井ヶ島海岸で20年以上安定したアマモ場で生態系に関わる生物調査(小型地曳網による比較的大形の遊泳生物調査、アマモ場の葉上・付着生物調査、底生生物調査)をアマモ場の造成状況(藻場面積、生育密度)に合わせて行い、安定したアマモ場と新たに造成されたアマモ場での調査結果から二つのアマモ場の類似度を比較検討し、新たに造成したアマモ場での生態的機能の回復・創生過程を検討することにした。

位置.jpg

浅場の造成位置

アマモが自生している隣接した江井ヶ島海岸でのアマモ場では平成2311月〜平成273月の間、日野自動車グリーンファンド大成建設自然・歴史環境基金およびひょうご環境保全連絡会より助成を受け小型地曳網による比較的大形の遊泳生物調査を行なってきた。また、底生生物調査は従来行われている方法で実施できる。が、アマモ場の葉上・付着生物調査ではこれまでこの方法でというものはないことから、大成建設自然・歴史環境基金より平成26年度助成(H26.11H27.10)を受け、以下に示すアマモ葉上・付着生物採捕網を製作した。

全体.jpg

アマモ葉上・付着生物採捕網

この網によるアマモ葉上・付着生物の採捕作業手順は以下の通りです。

作業手順.jpg

作業手順

採捕網の操作性を検討するため、平成27620日、江井ヶ島海岸の自生アマモ場で試行してみたが、ダイバーからはいくつか改良点の指摘はあったが、操作性については問題なしとのこと。

これより、底生生物およびアマモ葉上・付着生物についての第1回調査を神戸市立須磨海浜水族園の協力を得て、平成27711日に実施した。第2回調査は平成271018日を予定しています。

毎年小面積でもアマモ場造成事業を続け、本調査を継続していくことで、ヘドロ化した海域を河川浚渫土で覆砂した浅場の造成と新たなアマモ場の再生が漁場環境の改善に有用であることを示し、河川浚渫土だけでなく航路の維持浚渫土、ダム堆砂の浚渫土によりヘドロ化した海底の覆砂、藻場・干潟、浅場の造成などを行なう漁場整備事業計画の基礎資料となればと考えています。

 

・平成26年度

 実施計画書

実施報告書

 

・平成27年度

 H27.6.20 移植アマモの再追跡調査

 H27.7.11 夏季調査、H27.10.18 秋季調査

実施報告書

H27.11.15 自生アマモ株の移植

 

・平成28年度

   H28.8.8 夏季調査

H28.12.18自生アマモ株の移植

 

最終更新日 : 平成29120